ブログ / 完成住宅見学会、構造見学会、モデルハウス見学など

3.11東日本大震災とLO-CO HUT

本日3月11日は、東日本大震災から8年目となります。
LO-CO HUTのコンセプトには、2011年3月11日の大震災が影響しています。
そして、LO-CO HUTのHUT(=小屋)は、小屋好きな建築家 中村好文さんの影響を受けています。
中村好文さんは、長野県に「LEMM HUT」という開拓者夫婦の小さな家を大幅に改装し、電気・電話・ガス・水道などのライフラインを自給自足する建物を造っています。2005年から、自分と設計事務所のスタッフ、友人などとDIYで施工を始め、徐々に手を加え、工夫を重ねながら、自給自足の暮らし方の実験を楽しんでいたようです。大震災の前は、温暖化やエネルギー問題など、地球規模の環境に対する問題意識を持ってスタートしたようですが、震災によってどれほど自分たちが電気に、そして原発に頼って、今の暮らしが成り立っていたのかを思い知らされ、自分たちの実験が身近な暮らしの問題に対するものだったと気づかされたと著書「食う・寝る・遊ぶ 小屋暮らし」の中で語っています。
book-naka1.jpg
また、携帯電話を初め、便利だけどいざという時に、まったく役に立たなくなってしまったハイテクな機械に腹を立てながら、「LEMM HUT」にも使っているローテク・簡単な仕組みでも役に立ち、頼りがいのある「道具」のことに思いを巡せていたといいます。
そして『住宅そのものも、合理的で、機能的で、使い勝手がよく、愛着が持てる「道具」にしなければならないと思う。その「道具」がエネルギーと資源を無駄使いしない「始末のいい暮らし」を支えてくれれば言うことはない』と語っています。

 まさにLO-CO HUTは、その「道具」となる住まいを目指しています。
そのために従来よりも断熱性能をトップレベルに引き上げ、耐震性能は耐震等級3に制振装置を組み込んでいます。しかし、そこまでやれば当然コストは高くなります。そこでコスト抑えるために、延床面積28坪以下とコンパクトにすることと、初めから間仕切りであまりこまごまとしきらない、収納も造りこまないワンルームに近い空間で始め、必要に応じてDIY等でアレンジすることをお勧めしています。もちろん、資金に余裕があれば、大きな家で、最高の性能で建てることもできるのでしょうが、LO-CO HUTは、予算に応じて2000万円以下でも最高の「道具」が手に入れられ、多くの方に使ってもらいたいと考えています。
また、コンパクトになれば、建築時に使うエネルギーも、建った後のエネルギー消費も少なくなり、出費も少なくすべてのおいてエコです。

実際に、LO-CO HUTの考え方を取り入れた1件目のお宅では、洗面・お風呂・トイレ以外は、一切仕切りがない住宅でした。1、2階も吹き抜けでつながっているので、本当にワンルームと言えます。エアコンは、冬は床下エアコンを1台で2階まで温まり、夏は使うときでも2階のエアコン1台で十分1階まで冷やせています。
itei025.jpg
また、住み始めて、まだ9か月くらいですが、ロフトと床下、DIYで自作した収納スペースなどに、いろいろ工夫して収めたり、きれいに見せながら収納しています。収めるために捨てたものもあったし、新たにものを買うときは、かなり吟味して必要なもの、本当に気に入ったものを買うようになったといっていました。
ずっとオープンな状態を強いているわけではなく、本当に必要なものを考えて、必要な時に足したり、減らしたりできることが、暮らし方を考える上で必要な気がします。

中村好文さんは、小屋の暮らしを振り返り、エネルギーを自給自足しDIYで造った小屋の暮らしは不便と不自由と背中合わせだけと、それを生活の知恵と工夫で乗り切っていくところに妙味があったと語っています。中村さんのすごいところは、大変なことでも、ユーモアと楽しむことを忘れないことです。

LO-CO HUTは、後から手を加えやすい造りになっています。これがないと困る、これくらいの大きさは必要など、既成概念を取り払い、家族で力を合わせて、楽しみながら知恵と工夫で住みこなしてほしいと思います。

そして、どんなに性能を高め万全を期しても、津波など自然には抗えないし、「想定外」のことが起こってしまうことがあると思います。その万が一の時に、自分たちが普段から手入れしている住まいならば、何かあっても、何とかなると思えるし、どうして直そうかと考えられるでしょう。家族が、そしてもう少し広い範囲のコミュニティが、力を合わせて知恵と工夫で立ち上がっていくDIYマインドが育つような住まいでありたいと思っています。

LO-CO HUTが単なる高性能化だけではなく、内装の自由化とDIYを取り入れ可能な「内装フリーDIY対応型住宅」としたのは、災害に強い家にするだけではなく、災害に強い心も育つような使いごたえのある「道具」にしたい、そのような思いがあったからです。

LO-CO HUTの詳細はこちらからご確認ください。
https://www.earth-web.com/

LO-CO HUTは、デビューキャンペーンを実施中です。
次のチャレンジャー募集中。ぜひ、お問い合わせください。

また、具体的に「小屋」という考え方を、自分の住まい造りの参考としたいという方は、中村好文さんの「小屋から家へ」をお勧めします。
boox_naka2.jpg

Earth Factory事業部 高橋

LO-CO HUT「暮らしを豊かに、人生が変わる住まいを!」

明けましておめでとうございます。アースファクトリー事業部の高橋です。
今年もよろしくお願いいたします。

2018年に2棟のLO-CO HUTシリーズと言える住まいの建築を経て、細かな仕様なども決まりました。
そして、実際に住まいの暮らしぶりを見て、2棟のオーナーを招いての座談会で話を聞き、私たちがLO-CO HUTで目指すところに、確実に近づいているという感触を得ることができました。その辺りの振り返りも含めて、ブログを数回に分けて書きたいと思います。

市川邸 005.jpg

宮下邸 011.jpg

座談会では、「家に帰るのが楽しみで、人生が変わったような気がする」というお話が聞けました。
少しオーバーに言ってもらっているところもあるかもしれませんが、実際に数年、数十年たった時に「あれから人生が変わった」と言ってもらえる家を、私たちは真剣に造りたいと思っています。
それを、資金にかなり余裕がある人が造る豪華な家ではなくて、一般的な資金レベルの普通の人が建てる家で実現したいと思っています。
IMG_7913cut.jpg

まず、「日本の家は、普通の人の暮らしを豊かにしていないのではないか、社会を豊かにしていないのではないか」という思いがあります。
①イニシャルコスト(建築費)、ランニングコスト、メンテナンスコストが高い。
②自由なようで、本当の意味での自由度は低い。注文住宅といっても、間取りも含めて既存の枠組みの中
 住まいは造ってもらうもの、住まいの主権は造り手側に。
③コミュニティを作らない。関係性を豊かにしない。(関係=家族、友人、近隣、日本・・・・・)
④作っては壊しで、社会の資産とならない。環境にも良くない。

「暮らしを豊かに、人生が変わる住まいを造りたい」これが目標
①この家に住めば、快適で住み心地がよく、性能的にも資金的にも将来に渡って困ることはないだろうと思える安心感
②この家に住めば、考えること・つくることなど、DIY精神でわくわくと「家仕事」を楽しむことができる。
 自分たちらしいライフスタイルや生き方を自分たちで見つけ、表現できる場所となる。
 住まいの主権は、住まい手側に。
(ただし、基本性能に関わる部分など、こちらで決めた方が良い部分は、こちらで決めて、自由な部分とのメリハリをしっかりと付けています。)
③この家に住めば、家族をはじめ、様々なコミュニティとつながれる可能性がある。
④長持ちして社会的な資産となる。未来の環境にも貢献できる。

ポイントは、人生を変えてもらうのではなくて、「自分たちで変える」ということ。=大きな意味でのDIY精神。
私たちは、それができる舞台としての住まいを造りたいと考えています。
DSC_66960023.jpg

LO-CO HUT 限定2棟 デビューキャンペーン実施中

LO-CO HUTの本格的デビューを機に、キャンペーン割引を実施中です。
限定2棟で、100万円(税込み)をサービスいたします。
これからの打合せスタートでも、十分チャンスはあります。
ぜひ、この機会をご活用ください。
詳細のお問い合わせは、アースファクトリー事業部 高橋まで
aa.jpg

年末年始、営業のご案内

2018年も残すところあと僅かになりました。
本年も格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
誠に勝手ながら、年末年始は下記の日程で休業させていただきます。

年末年始休業期間 12月26日(水)から1月3日(木)

※上記期間中もメール・ホームページ・FAXからのお問い合わせの受付はいたしますが、対応は1月4日(金)以降となりますので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

年始は、1月4日(金)より、通常営業致します。(9:30~17:30)


*休業中のお急ぎのお問合せは、フリーダイアル(0120-28-0054)にご連絡頂き、緊急時の連絡先(営業・工事関連)をご確認下さい。

すごく大事!知られざる"屋根"断熱

IMG_7754.JPG

断熱材は何を使っているのかを知ることは大事。せっかくなら、どうやって施工しているのかくらいも知っておくと、考え方は必ず変わってきます。

こんにちは!神奈川エコハウス アースファクトリー事業部の東です!

実家に住んでいた夏場のある日、親の手伝いで屋根裏へ入ったとき、暑すぎて死にそうになった経験がありました。(笑)

神奈川エコハウスの家は、天井に断熱材を施工するのではなく、屋根自体に断熱材を施します。まずは、どうやって施工しているかから見てみましょう。


■天井断熱と屋根断熱の2種類があります
210d6c82cfe99dd053810f876d8529b1_s.jpg

●天井断熱・・・天井の上に断熱材を入れる施工法。
そのメリットとして、

・断熱材の厚みがとれて、性能を上げられる
・天井面積に断熱材を施工するから、コストを抑えられる
・部屋の容積が広すぎず、冷暖房の効きが良い

●屋根断熱・・・屋根の内側に断熱材を入れる施工法
メリットとして、

・屋根自体に断熱材が施されているので、小屋裏も他の室内と同じ環境になる
・勾配天井をみせて、より開放的な空間がつくれる
・屋根に当たる太陽光の日射の影響を受けにくくする
・熱橋(金属金物の熱を伝える)の問題がない
・断熱材の連続性(梁材や野縁受け部の施工不良がない)、隙間がない。

よって、気密と防水が、断熱材により無理なく外側で確保でき、施工誤差も少ない


神奈川エコハウスの家づくりは、この「屋根断熱」が特徴の一つです。

天井断熱だと、太陽光が屋根にあたり、小屋裏に熱気が溜まります。やがて、2階の部屋は暑く感じてしまいます。


■外張り断熱工法により、さらに?
IMG_7769.JPG

断熱材の施工法には2種類あります。

●充填断熱工法
壁や天井の中に充填する工法

●外張り断熱工法
柱の外側からすっぽりと全体を包む工法

神奈川エコハウスでは、「外張り断熱工法」が基本的な施工法となっております。

外張り断熱工法であれば断熱材の外側に通気層を設けているので、熱せられた空気が棟(屋根のてっぺん)から排出される構造になります。

これにより、太陽光による熱を遮断してくれる働きをしてくれます。

IMG_5168.JPG

屋根断熱の上に受け材を施工したら、

IMG_5170.JPG

その上に、屋根の下地となる合板が張られます。この合板と受け材との間にできる隙間が、空気の通り道となり、熱い空気を逃がしてくれます。


■小屋裏を利用できる!
036.JPG

小屋裏も部屋と同じ温熱環境になるので、2階でロフトや勾配天井として活用すると、開放的な空間がより快適に過ごせられますね!


まとめると
●神奈川エコハウスの家は、屋根断熱である
●天井断熱ではなく、屋根断熱だと小屋裏に熱気は溜まりにくい
●外張り断熱工法だと、より一層熱を逃がしてくれる
●屋根断熱だと2階は暑くなりにくく、小屋裏スペースを活用できる


夏場の屋根裏は、息ができなくなるくらいの熱気が溜まっています。油断すると命を落とすほどの室温になっていることもあります。お掃除などをする際は、気を付けてくださいね。

***************************************************
いつまでも変わらない安心と、クリエイティブに育てる暮らしの楽しさ

神奈川エコハウス 企画住宅「LO-CO HUT」
***************************************************